転職活動で有利になる!転職理由の書き方

転職活動

転職活動で有利になる!転職理由の書き方

もしも、このような転職理由を見たらどう思うでしょうか。

現職にもやりがいを感じているものの、評価に対して不透明な部分が多くあります。年収等に関しても一律のテーブルが決まっているため、なかなか自分の評価が反映されない状況です。

30代や40代の方も少なく、60代の方が多いため、今後10年~20年のビジョンが思い描きづらい環境にあるため。

業務内容にはやりがいをもって取り組める部分もあるものの、ほとんどコミュニケーションを取る機会がなく、基本的に個人個人が業務を進めていく環境であることに、エンジニアとして生涯働いていくことにご不安を感じられるようになり、より人と関わりながら、業務を進めていける環境にて就業したい。

業務内容にはやりがいを感じていますが、会社の方針により、欠員が出ない限り新しい業務をやるチャンスがないため、今までの経験を活かしながら新しい環境で切磋琢磨していきたい。

現職には大変やりがいを感じていますが、通勤時間が2時間以上におよび、新しい環境にて腰を据えてキャリアを築きたいため。

入社してからも同じようなことを言うのではないかと採用担当者に思わせてしまいます。

転職理由はなるべく前向きに書くこと

転職理由はなるべく前向きに書くことが大切です。

今までの経験を活かしつつ新しい環境でさらにスキルを身に付けながら長く働いていきたい

優先順位や効率化を考えながら、営業サポートとして社内外のお客様に対しての貢献ができることが大切と感じたため

より経営視点で業務に取り組みスキルアップしたいというへ入社したが、より成長志向の高い環境で切磋琢磨しながら専門性を高めたいという気持ちから転職を決意。

任された業務に対しては真摯に取り組み、業務に邁進していましたが、これまでのご経験・スキルを活かして、今以上に活躍できる場を求めたい。

とはいえ、仕方がない場合もあります。

裁量を任され非常にやりがいを持って業務に取り組んでいたが、業績悪化のため会社都合により退職となった。

現職が経営者のトップダウン傾向が強く、より新しいチャレンジなどが出来る環境で働きたいため

 

スポンサードリンク