結婚相手はどんな人がいい?結婚の決め手8カ条

結婚の適齢期は 自分で決めなさい 理想はほどほどにして 譲れない条件だけ考えなさい これから生活ができるか お金の使い方を見なさい 素の自分でいられて 話しやすいかどうか 相手に合わせすぎて 自分を見失わないように たとえ聞きにくいことでも 目を見て話し合いなさい 細かい違いにとらわれず 歩み寄ろうとしなさい 悩んでも仕方ないから 最後は直感を信じなさい 恋愛

結婚の決め手8カ条

結婚の適齢期は自分で決める

「まわりが結婚しているから」「この年ぐらいがいい」ではなく、自分が結婚したいと思ったときが結婚の適齢期。いくら焦って婚活してもうまくいきません。

また、焦って結婚しても別れることになります。

譲れない条件だけ考える

理想ばかり追い求めても、理想の人は見つかりません。最初から完璧な人はいません。結婚して、お互い成長することで理想の人になってきます。

せめて、どうしても譲れない条件を考えておくこと。あまりにも多いと見つからないため、結婚の条件は1つ、2つぐらいにとどめておいたほうがよいでしょう。

お金の使い方を見る

結婚はゴールではなく、スタート。結婚してからのほうが長く、一緒に生活するうえで、 金銭感覚がずれていると苦しむことになります。相手がどのようなお金の使い方をするのか見ましょう。

素の自分でいられるか

無理して相手と話していないかどうか。デートであれば多少無理や我慢できても、生活するとなるとそうはいきません。

自分を見失わない

相手に嫌われないように相手に合わせすぎないこと。自分を偽っても、いつか限界が来ます。

聞きにくいことでも聞く

聞きにくいことでも相手に聞くこと。そのためには相手と信頼関係を築けているかどうか。もしも聞きにくいのであれば、信頼関係ができていない証拠です。

大切なことを話し合えなければ、そのまま結婚しても、ささいなことで別れてしまうかもしれません。

歩み寄ろうとする

いくら似ていることがあったとしても、お互いの価値観は違うもの。小さな違いがあっても気にしないこと。

相手も同じように思っているかもしれません。 結婚生活は相手の違いを認めて、受け入れることが大切。

最後は直感を信じる

いくら悩んでも問題は解決しません。自分で決めることが大切。もしも少しでも違和感があるなら結婚しないこと。 いつかその違和感が大きくなり、不信感に変わり、相手ともギクシャクしてきます。

反対に「この人」と思うなら、その気持ちを信じること。結婚は勢いが大切なこともあります。

実際に結婚した方ですべて条件(結婚の決め手8カ条)をクリアしていた人もいます。

うちは喧嘩が割りと多い夫婦です。結婚を決めたときはこの項目をクリアしていたので、きっといい相手と結婚できたのかな、、、と前向きになりました。笑🤣

あなたの結婚相手はどんな人ですか?

あなたの運命の人占い~婚活中の人必見!

もっと名言を知りたい方は→インスタ名言

たった一言で幸せに!声に出して読みたい名言

スポンサードリンク

ABOUT US

yumekanau2
Instagramで仕事、家族、人生などをテーマとした言葉を綴り、「心に響く」「救われる」と話題に。フォロワー数は39万人を超える。 著書に『20代からの自分を強くする「あかさたなはまやらわ」の法則』(三笠書房)、『そのままでいい』『キミのままでいい』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など。