本当に役立つ!あなたの知らないオススメ転職サイト8選

転職活動

本当に役立つ!あなたの知らないオススメ転職サイト8選

転職活動を効率的に進めたいのであれば、転職エージェントを利用するのがおすすめです。ただし、メリット、デメリットがありますので、使い分けると一番良いでしょう。まずは転職エージェントを利用するメリット、デメリットを紹介します。

転職エージェントを利用するデメリット

デメリットその1
キャリアアドバイザーの質

一般的に人材紹介会社は無料で求人を紹介する、転職の支援することが仕事ですが、利用者にとって良いとはかぎりません。特に一番の問題が「キャリアアドバイザーの質」です。

1)担当者自身の問題

担当者のレベルによってサービスの質が異なります。「電話よりメールで連絡をお願いします」と言っても、平気で電話をするキャリアドバイザーもいます。

特に転職を経験したことがないキャリアコンサルタントは要注意です。反対に転職で苦労された経験がある人は利用者の立場に慣れるため、サービスが良いです。アドバイザーの人に「転職経験があるかどうか」確認するのも良いでしょう。

2)会社の問題

会社によっては成約ノルマが厳しい会社があります。そのため、無理に希望と合わない求人を勧めたり、利用者の相談にのって頂けない場合があります。

人材紹介会社によっては少しでも利用者に対応しようとアシスタントを雇い、相談の対応にのれるような体制をとっているところもあります。とはいえ、アシスタントとの連携が取れていない場合もあります。同じようなアンケートをお願いされたりすることもありました。

デメリットその2
直接問い合わせできない

人材紹介会社を通して転職活動をする場合、直接企業にコンタクトできず、エージェントを通してコンタクトをとらなければなりません。プラスにとらえれば、すべてお任せできるとも考えられますが、例えば、問い合わせをしたい場合、自由に企業に問い合わせできません。

「求人内容について詳しく聞きたい」と思ってもエージェントを通す必要があります。選考を受けるかどうか迷っていて、直接問い合わせしたくても、書類選考を通過するまで問い合わせができないこともあります。

デメリットその3
作業が増える

面接の後には「面接の感想」「面接の質問」などレポートを提出することもあります。本来であれば、自分の中で反省すればよいはずです。捉えかたを変えれば、「強制的に反省する機会ができた」と思えば良いかもしれません。

デメリットその4
スケジュールの都合がつかない

スケジュールの希望を出しても通らないことが多い。何度もスケジュール調整をすることになることさえあります。企業と直接スケジュールを調整したほうが、エージェントがいない分だけ早く決められる場合もあります。

転職エージェントを利用するメリット

メリットその1
非公開求人がある

人材紹介会社を利用する最大のメリットは「非公開求人について紹介して頂けること」と言っても過言ではありません。

実際に企業のホームページ(採用情報)では「現在、募集は行っておりません」「募集を終了しました」と記載されても、中途採用している企業もあります。

人材紹介会社に登録していないと応募する機会も得られません。

メリットその2
選考情報が手に入る

あなたの志望企業に紹介実績のある人材紹介会社では入社した人にアンケートをお願いしているところもあり、選考に関する情報を持っています。

例えば、面接ではどのような質問がされてのか、面接の形式はどのようなものなのか、企業が重視しているポイントは何なのかなど教えてくれます。

とはいえ、過去の情報であるため、その通りに選考が行われる保証はありません。実際に事前に伝えられていた面接の形式、面接官の質問が異なるなどあります。

キャリアアドバイザーに協力してもらい、入念に対策を練ったとしても意味がないことさえあります。あくまで過去の選考情報は参考程度にしておいたほうが良いでしょう。

メリットその3
手間が省ける

人材紹介会社に登録する際には「これまでの経歴」を記入します。人材紹介会社はそれらの情報をもとに企業へ応募手続きをしてくれます。

自分のプロフィールを一度登録すれば、企業に応募する際に登録情報を使いまわすことができます。

人材紹介会社を利用せずに申し込みをすると、いちいち履歴書を手書きで記入したり、職務経歴書を用意する必要があり面倒です。

メリットその4
アドバイスを頂ける

職務経歴書、履歴書など書類をチェックして頂くことができます。自分の書いたものを客観的に評価するのは不可能です。実際、キャリアアドバイザーのアドバイスを元に書き直し、見違えるほど良くなる場合もあります。

巷の転職本では「職務経歴書は2枚まで」と書いてありますが、キャリアアドバイザーから「3枚書いても良い」というアドバイスを頂き、面接が通過しやすくなったこともあります。

書類を作成するのが苦手な人は、質問に答えるだけで自己PRが完成する「レジェメのちかみち」がお勧めです。リクルートが提供する地域別に求人が探せる転職サイト「はたらいく」が提供しています。

評判が良い人材紹介会社

評判が良い人材紹介会社を紹介します。各社強みが異なりますので、自分に合ったエージェントを利用しましょう。

DODA

DODAは総合人材紹介会社大手のパーソルキャリアが運営する人材紹介サービス。東京だけでなく、札幌、名古屋、大阪、福岡などのでも転職相談することができ、地方にも強い数い人材紹介会社。

type

ヘラクレスに上場する人材紹介会社「キャリアデザインセンター」が運営する人材紹介サービス。利用者の方から「ITやコンサルの紹介案件が多く、利用したかいがあった」という声もあり、IT企業や外資系、コンサルティング業界等への人材紹介に強い。東京にしか拠点がないため、それ以外の場所に住んでいる方は「DODA」がオススメ。

JACリクルートメント

国内6拠点、世界8カ国に拠点を持つ大手転職支援会社。企業担当と求職者担当が一本化されていることから、他の就職支援会社に比べて有益な情報が得やすいです。特に海外営業職(外資系)に強いです。

 

本当に役立つ転職サイトを紹介します。

リクナビNEXT

リクルートが運営する転職求人サイト。登録者数が170万人を超え、仕事のオファー数が月340万件を超えるなど業界最大級。

リクナビNEXTを利用するデメリット

1)求人が多いため、条件を設定して検索してもなかなか自分の希望に合致した求人が見つからないことが多い。

2)会員登録時、Yahoo!JapanIDが必要になる点。Yahoo!JapanIDをまだ持っていない人は作る必要がある

3)利用者が多いため、なかなか書類選考も通らないことがある。

リクナビNEXTを利用するメリット

1)転職の終了時期を設定すると、応募目安がわかること

2)メールで最新の求人が届くこと。プロフィールを詳細に設定すれば、自分の希望に合った求人をチェックすることができます。サイトで求人をわざわざ検索するよりも効率的

3)スカウト―メール機能があること。プロフィールを登録しておけば、企業からオファーがあることもあります。また、スカウト機能を活用できているかどうかマイページでわかるようになっていて、WEBサイトの機能を活用しやすいシステムになっています。

→今すぐリクナビNEXTへ登録

リクナビNEXT登録手順

1)リクナビNEXTの会員登録には「Yahoo! JAPAN ID」が必要です。Yahoo! に登録していない人は「Yahoo! に会員登録する」ことから始めます。すでにyahoo!に登録されている場合は「リクナビNEXT専用のパスワード」を設定します。転職活動で登録する情報には「個人情報」が含まれるため、セキュリティが厳重であることはありがたいです。

2)リクナビNEXTの登録が終了すると、登録したメールアドレスに「メールアドレス確認手続きのお願い【リクナビNEXT】」が届きます。

会員番号×××× 様

リクナビNEXTをご利用いただきありがとうございます。

このメールは、リクナビNEXT会員登録の直後や、ご登録のメールアドレスを
変更された方にお送りしています。

お手数ですが「メールアドレスの確認手続き」をお願いします。

※ブラウザを閉じてしまった場合は、本メール下部にある
「◆ブラウザを閉じてしまった場合は」をご確認ください。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

(1)【メール確認キー】の下に記載してある英数字を画面に入力します。

【メール確認キー】
××××

(2)あとは画面内の案内に従ってください。

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

3)メールアドレスの確認ページに「メール確認キー」を入力、パスワードを入力します。

4)会員登録完了。リクナビNEXTにたった5分程度の作業で登録できます。

→今すぐリクナビNEXTへ登録

リクナビNEXT応募方法について

リクナビNEXTを通じて求人に応募するとこのようなメールを頂けます。

×××× 様
(会員番号××××)

リクナビNEXTをご利用いただきありがとうございます。
このメールはリクナビNEXTから応募された方にお送りしています。

応募された
・企業名や職種名
・企業への連絡先
・求人やレジュメを確認するためのURL
が記載されていますので、大切に保存してください。

※このメールに返信いただいても、応募された企業へは届きません。ご注意ください。

×××× 様の応募内容
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
【応募日】
20●●年3月9日
———————————————————————-
【企業名】
××××
【職種名】
××××××××××××××××××××【総合職】
【連絡先】
03-××××-××××/総務部人事課

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

企業とはメッセージ管理(受信一覧)でメールのやり取りをします。

→今すぐリクナビNEXTへ登録

パソナキャリア

パソナキャリアでは転職に役立つさまざまなコンテンツが掲載されています。例えば、「年収相場シミュレーション。経験企業、職種など入力すると簡単に年収の相場が分かります。もしも、現在の年収が相場年収より低ければ、転職を検討しても良いかもしれません。

デメリットその1
対応が遅い

スタッフの対応が遅いこと。WEB登録後、1週間ほど待たされた人や追加の書類を提出するように求められた人もいます。

<メール例>

平素、お世話になっております。
株式会社パソナパソナキャリアカンパニーアシスタントの
●●と申します。

この度は「転職サポート」にお申込み頂きまして、
誠に有難うございます。

早速ですが、もう少し履歴、職歴等を拝見させて頂いた上で、
ご紹介できそうな案件の有無も含めお調べし
お返事を差し上げたいと思いますが、如何でしょうか?

以下3点の書類をメールにてご返信ください。

■履歴書(もしくは弊社フォーマットのキャリアシート)
■職務経歴書
■ヒアリングシート

今後とも宜しくお願い申し上げます。

申込者の応募に対して担当者(アドバイザー)を募る体制となっているため、すぐに担当者が決定しないと待たされることになります。

反対にあなたのキャリアが魅力あるものであれば、追加の情報を求められたり、待たされることはありません。エージェントの対応によって自分のキャリアの価値がわかるかもしれません。

デメリットその2
求人数が少ない

また、他のエージェントより求人数が少ないことが挙げられます。ベンチャー企業は嫌だと言っているにもかかわらず、紹介された求人のほとんどがベンチャー企業だったという話もあります。

実際に社員の方で「パーソルキャリアやリクルートより求人数は劣る」と認めていました。もしも、大手企業を志望されている人がいれば「DODA」をお勧めします。

[en]社会人の転職情報

エン・ジャパンが運営する総合転職サイト。約1000以上の求人情報が検索でき、転職活動の初心者向けのサポート機能も充実しています。

メリット

メリットその1
スカウトがある

他の転職サイトと比べて、マメに求人が紹介されます。紹介方法は主に6つの方法(スカウト)があります。

1)企業からの直接スカウト(シークレット)
2)企業から直接スカウト(面接確約)
3)企業から直接スカウト(興味あり)
4)エンからの紹介
5)人材紹介会社からのスカウト
6)あなたのキャリアにマッチした求人

実際にスカウトがあると、メールでお知らせしてくれます。

[en]社会人の転職情報をご利用いただき、誠にありがとうございます。以下の企業からスカウトが届きました!

【企業名】〇〇〇〇

スカウトの内容を確認するには、以下の URLをクリックしてください。

▼ [en]社会人の転職情報 スカウトを利用する
http://employment.en-japan.com/scout/

メリットその2
自分の経歴に興味を持つ企業が分かる

WEB履歴書を記入すると、興味のある企業が自分の履歴書をチェックできるようになります。 [en]社会人の転職情報ではどの企業が自分の履歴書をチェックしたのかわかるようになっています。つまり、「企業の足あと」がわかります。

デメリット

デメリットその1
証明写真の準備に時間がかかる

画像サイズが「50Kバイトまで」と指定されています。証明写真(データ)でこのような小さなサイズの写真はないため、自分でカスタマイズして写真を用意する必要があります。写真を登録しなくても大丈夫であるため、画像を用意できなければ、写真を投稿しなくてもよいでしょう。

キャリコネ

インターネットで得られる情報は誰でも得られるため、なかなかそのまま使える情報はないもの。

しかし、「キャリコネ」は社会人の本音が掲載されていて有益な情報が得られます。

例えば、社内恋愛、不満、給与明細、残業時間など掲載。特に給与明細画面は素晴らしいです。

基本給、時間外手当、住宅手当、家族手当、役職手当、資格手当、通勤手当、定期賞与など項目が設けられていて、とてもリアルな金額を把握することができます。

これらを分析するだけでも福利厚生、会社の評価など見えてくるのではないでしょうか。例えば、年収400万円の人がいた場合。

年収しか情報がないとどのような会社か見えてきません。詳しい項目があったらどうなるでしょうか。

A社:基本給30万円、ボーナス30万円、通勤手当10万円。
B社:基本給25万円、ボーナス120万円。

B社はたまたま景気が良くてボーナスがたくさん出たかもしれませんが、不景気になれば給料が大幅にダウンする可能性があります。

反対にA社は不景気であっても給料に影響はありません。他にも活用できるのが「面接官にされた印象的な質問」例えば、このような質問が掲載されています。

「小学校のころから今までのその時々で熱中していたことを語っていってください」

「あなたを採用しないといけない理由」

「あなたについて15分間プレゼンテーションしてください」

実際に答えづらかった質問、印象的な質問を紹介するだけではなくどのように対応したら良いのかアドバイスまで掲載。

アドバイスした人の年収、経歴、面接結果も把握できるため、投稿者名しか掲載されない就職口コミサイトより信頼できます。

社会人が登録するには給与明細、転職活動の経験など登録しなければなりません。そのような仕組みから本音が知りやすくなっています。

ただ情報を取得したい場合(転職サービスを利用しない場合)、会員登録後、IDが配布されますが、「1年間」と有効期限が決められています。

転職を考えている人であれば、それだけ期間があれば十分ではないでしょうか。

エリートネットワーク

一般の転職サイトの場合、職種で検索することができますが、カテゴリーが細分化されいないため、なかなか自分の思うような求人が出てこないもの。

ある転職サイトでは「教員、講師、インストラクター」といったカテゴリーがあります。そのため、この条件のまま検索すると「塾講師」「指導員」など様々な求人があらわれることに。

エリートネットワークでは「トレーナー・研修講師」という カテゴリーがあり、本当に研修関連の求人のみ検索することができます。

さらに「業種」「勤務地」「資格」「こだわり条件」といった検索項目もあり、よりあなたの希望に合致した求人を調べることができます。

転職会議

評判、年収、 入社対策、売上・業績のクチコミから転職/中途の採用・求人情報までサポートしています。

メリット
具体的な評判を知れる

企業の評判について、「給与」「安定性」「成長性」「将来性」「やりがい」「面白さ」「理念」「浸透性」「ブランドイメージ」「雰囲気」「難易度」「福利厚生」「教育制度」など、具体的な評価項目で知ることができます。

また、曖昧なを「社風」について、「オフィス綺麗」「長く働ける」「育児介護休暇あり」「イベント盛ん」「英語使う」「社内恋愛多い」「 美女が多い」「クラブ盛ん」「風通しが良い」「美男が多い」「オシャレな人が多い」「合コン盛ん」「起業盛ん」などの項目で理解できるのも良いです。

デメリット
ポイントが必要

口コミを閲覧するためにはポイントが必要です。500ポイントにつき、1社の口コミを閲覧できます。

ポイントを獲得するには2つ方法があります。1つは「口コミを書くこと」1社につき1つでも口コミを記入すると「500ポイント」もらえます。

2つめは「購入すること」1ポイントを購入するのに1円かかり、500ポイント購入するのに500円かかります。唯一、「今週の公開口コミ(1件)」のみ閲覧できます。

ご参考:オススメできない転職エージェント「マイナビエージェント」

マイナビエージェントに登録したところ、登録拒否された人も多いようです。登録後、何も連絡がなく3日以上待たされ、面談することなく一方的に下記のようなメールが送られてきた人もいます。

×× 様

お世話になっております。
マイナビエージェントです。

このたびは、マイナビエージェントへのご登録、
誠にありがとうございました。

ご登録およびエントリー内容を拝見し、
ご紹介求人の検討を重ねてまいりましたが、
ただいまマイナビエージェントでは
ご経歴やご希望にマッチした求人の持ち合わせがなく、
残念ながら求人のご紹介が困難な状況でございます。

お力になれず、申し訳ございません。

ご紹介可能な求人が寄せられた際には、
また、ご連絡させていただきます。

何とぞご了承くださいますよう、お願い申し上げます。
今後ともマイナビエージェントをよろしくお願い申し上げます。

 

スポンサードリンク